トラリピEAを作成してみた(移動平均線トラリピ)

MQL4学習

どうも潤奈です( ・Д・)

YouTubeでトラリピEAを作成する作業配信、第3回で作成したトラリピの説明をして行きたいと思いま。

解説動画ではなく、作業配信ですので時間に余裕がある時にながら見をして頂けたら何か気付きが得られるかもしれません( ・Д・)

前半は前回の記事トラリピ作業ですので、移動平均線トラリピ作業は40:00~になります。

是非、イイネとチャンネル登録をよろしくお願い致します♪( ・Д・)

トラリピとは?

上限と下限を決めた予想レンジの中にトラップを仕掛けて、そのトラップでエントリーして設定した利幅で決済を繰り返す(リピート)手法です。

そのトラップには、新規と決済の注文を同時に発注できる「イフダン注文」を使用し、トラップ・リピート・イフダンの言葉を組合わせて「トラリピ」と言います。

今回のロジック

買いトラップは移動平均線の下に、売りトラップは移動平均線の上に設置して稼働されるようにパラメーターを追加しました。(ロジック選択:レンジ)

パラメーターでロジック選択の項目を「トレンド」に設定すると、買いトラップが移動平均線の上で、売りトラップは移動平均線の下に設置して稼働出来るようにもしています。

移動平均線トラリピ(買い)

移動平均線トラリピ(売り)

移動平均線を使用する事で、買いトラップの高値掴み、売りトラップの底値掴みを回避する事が出来るのではないでしょうか。

パラメーター

設定出来るパラメーターもシンプルに分かりやすくしています。

マジックナンバー

各EAの認識コMT4の注文がどのEA・ロジックから実行されたかを識別するための番号です。

スリッページ(point)

注文価格と約定価格の非意図的な差の許容範囲の設定です。

建玉設定

建玉設定は(通常稼働、注文キャンセル、全決済)から選択出来ます。

稼働中に設置しているトラップだけを削除したい場合は、注文キャンセルを選択し、設置しているトラップ&ポジション決済したい場合は全決済を選択すれば可能です。

エントリー選択

エントリー選択は(買いのみ、売りのみ、両建て)から選択出来ます。

ロット数

発注するロット数を設定出来ます。

利確幅(pips)

利益確定させる値幅を設定出来ます。

損切幅(pips)

損切させる値幅を設定出来ます。0を設定する事で損切を設定しない事も出来ます。

レンジ上限、下限(価格)

トラリピの設定はレンジ上限と下限を設定し、注文値幅でトラップの間隔を決めて頂きます。

発注レンジ幅(pips)

発注レンジ幅とは、現在値から上下何pipsまでにトラップを仕掛けるかの設定になります。

例えば、120円~90円の間に10pipsのトラップを仕掛けると約300もの数になり無駄ですよね。

発注レンジ幅を100pipsに設定すると、トラップを仕掛けるのは現在値から上50pips、下50pipsの間に10pips間隔のトラップを仕掛ける事が出来るので無駄なトラップを節約する事が出来ます。

注文値幅(pips)

トラリピのトラップを設置する間隔の値幅を設定出来ます。

ロジック選択

ロジックを(トレンド、レンジ)から選択出来ます。

時間軸

移動平均線インジケーターの計算基準となる時間軸を選択出来ます。

期間

移動平均線インジケーターの計算期間を設定出来ます。

検証

馴染みのあるUSDJPYの通貨ペアで運用した時にどうなったかを検証してみます。

注文値幅を狭くすればそれだけリピート回数が増えて収益が上がりますが、その分ポジションを持ってしまい、逆方向に動いてしまうと大きい含み損を抱えてしまうので注意が必要です。

注文値幅の設定値は今回こちらの「ボラチェッカー」というサイトを参考にさせて頂きました。

年間の日平均ボラティリティが0.57円でしたので、注文値幅と利確幅を50pipsに設定して検証しました。

検証期間は2016.1.7~2021.8.31までとし、レンジ上限118円、下限100円に設定し、移動平均線は時間軸1時間の200期間で設定しました。

ロジックはレンジを選択しています。

結果

移動平均線トラリピ(買い)

設定:レンジ上限109円 レンジ下限100円 ロジック:レンジ(買いのみ)

総損益:242,551円

総取引数:672回

最大ドローダウン:231,268円

移動平均線トラリピ(売り)

設定:レンジ上限118円 レンジ下限109円 ロジック:レンジ(売りのみ)

総損益:196,017円

総取引数:521回

最大ドローダウン:249,685円

考察

移動平均線を基準にしたトラリピを作成してみました。

結果としては最大ドローダウンが大きい結果になって通常トラリピよりあまり優位性を感じる事は出来ませんでした。

もちろん工夫次第もあるでしょうし、トレンド相場を狙って設置出来れば大きなトレンドの押し目を拾って上手く運用が出来るかもしれません。

ちょっと今までのトラリピと表にして比べてみたいと思います。

トラリピ手法比較

期間:2016.1.7~2021.8.31
USDJPY:100~118円
総損益総取引数最大ドローダウン
通常トラリピ(両建て)463,871円1,734回266,330円
ハーフトラリピ(買い)191,148円405回87,420円
ハーフトラリピ(売り)216,997円488回88,551円
ハーフトラリピ(合算)408,146円893回(仮)175,971円
移動平均線トラリピ(買い)242,551円672回231,268円
移動平均線トラリピ(売り)196,017円521回249,685円
移動平均線トラリピ(合算)438,568円1,193回(仮)480,953円

一番利益が取れたのが通常トラリピ(両建て)ですが、ハーフトラリピ(合算)もそこまで負けていません。

総取引数と最大ドローダウンに目を向けると、ハーフトラリピの方が取引数が少ないですし、最大ドローダウンも少なく手数料やリスクを考えるとハーフトラリピの方がオススメですね。

※合算の最大ドローダウンに(仮)がついているのは、単純に合計した為です。実際は売りと買いの最大ドローダウンが同時に来ることはないので、実際はもっと少ない数値になると思います。

あとは、移動平均線トラリピ使用するぐらいであれば、通常トラリピを稼働させた方が良いかもしれませんね。

通常トラリピの結果をまとめた記事はこちらです。

ハーフトラリピの結果をまとめた記事はこちらです。

まだ見ていなかったという方は是非ご覧下さい。EAも無料でダウンロード出来ますので試す事も出来ます。

次回も他にトラリピ手法ベースとして、他の手法と組み合わせて良いのが出来ないか検証して行きたいと思います( ・Д・)

EAのダウンロード

こちらから無料ダウンロードする事が出来ますので、是非試してみて下さい。

Zn_GridTrade_ma_01.ex4 (Zn_GridTrade_ma_01.ex4) ダウンロード | 潤奈FXプログラム | uploader.jp
潤奈FXプログラム より、Zn_GridTrade_ma_01.ex4 (Zn_GridTrade_ma_01.ex4) をダウンロードします。

コードについては冒頭のYouTube作業配信ですべて公開していますのでご覧ください( ・Д・)

※一部公開していない部分で修正を加えている部分もありますのでご容赦下さい。

【免責事項】
※当EAにおける如何なる損失もご自身の自己責任となります。投資資産における運用の結果生じた損害の全部若しくは一部について一切の責任及び負担を負わないものとします。
※当EAにつきましても、バグや不具合がないことを保証するものではありません。
※このブログで掲載されている情報は、投資等の勧誘又は推奨を目的としたものではありません。
※掲載されている内容は予告なしに変更することがあります。
※このブログで公表してあるEAを無断転用・配布・販売することを禁じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました